ツイッター

ツイッターの用語

ツイッターには、利用者には普通の言葉でも、知らない人には耳慣れない特殊な用語が沢山あります。例えばフォロー。

フォローとは、他のユーザーがつぶやいた発言を自分のページにリアルタイムで表示させることで、お気に入り登録のような感覚に近いと言えます。

フォローして表示されるようになった相手のつぶやき一覧がタイムラインです。つぶやきの中に入る@やRTはそのつぶやきに特別な意味を込めます。

@は特定のユーザー名の前に挿入され、使用された場合、そのつぶやきがその人個人に向けられたものだということを示します。

@を付けてもその人以外に見られることになります。もし問題がある場合は、ダイレクトメッセージと言う機能でプライベートなコメントを送ることも可能です。

RTとは、人がつぶやいた発言を面白いと感じた時、自分のつぶやきとして再度投稿する時に使います。面白いと感じた引用部分の冒頭にRTと最初につぶやいたユーザーの名前を@ユーザーという形で付け足します。

こうすることで面白いネタがツイッターの中で波紋のように広がり、お互い面白いと思ったことを共有することで交流の機会も生まれます。

検索用にハッシュタグという機能もあります。つぶやきの中にあらかじめ決めておいた特定のキーワードと、そのキーワードの前#を付けておけば、他のつぶやきの中に埋もれても、あとから効率的に検索することが可能です。

また、ボットもよく聞く言葉です。押尾容疑者が逮捕された時も、お塩先生ボットが人気になりましたね。ボットは人ではなく、機械が自動的にあらかじめ設定されたタイミングでつぶやくものです。

芸能人の面白いセリフや、アニメのキャラクターのセリフを引用してつぶやき続けるものもあります。

Recommend!